預金

預金とは、金融機関にお金を預けることですが、普通、定期、貯蓄、外貨、当座など様々な種類があります。
金融機関に預けたお金は、預金保険法によって定められた、預金保険制度によって保護されます。

預金保険制度は、銀行などの金融機関が破綻するなど、預けたお金を払い戻すことができなくなったときに、預け入れ者の保護を図る等の目的で定められました。万が一、金融機関が破綻した場合には、一定額の保険金が支払われることによってお金が保護されます。
この制度の対象となる金融機関は、日本国内に本店を有する銀行、信用金庫、信用組合などです。法律によって加入が義務づけられています。但し、これらの金融機関であっても、海外の支店には適用されません。また、海外の銀行の日本支店にも適用されません。

一方、海外の金融機関の子会社であって、日本に本店を有する銀行であれば、本制度が適用されます。保護されるお金ですが、当座などの決済用のお金は全額保護されます。

また、普通、定期、貯蓄等の口座に預けているお金は、元本1000万円と、破綻した日までの利息分について保護されます。
一方、上記の対象の金融機関に預けたお金であっても、外貨で預けている場合は、本制度の対象にはなりません。

Comments are closed.