外国為替証拠金取引(FX)やデリバティブ商品

異なる2つの国の通貨を利用して為替取引を行う事を外国為替証拠金取引と言います。
これはFXなどと呼ばれているもので、デリバティブ商品になるものです。

尚、FXを行う人は多いものです。

比較的簡単に始められることや、先物取引などと比べるとリスクが少ないと言われています。

一般的には、金利の低い国の通貨を利用して金利の高い国の通貨を売り買いすることで利益を持ちます。
また、FXには証拠金を預けると言う特徴があります。

少ない資金でも大きな取引を可能にすると言うレバレッジと呼ばれる仕組みもあります。
レバレッジはテコの原理などとも呼ばれているもので、証拠金が1万円しかない場合でも、レバレッジの倍率により、倍率に応じた形の取引が可能になると言う特徴も有ります。

因みに、デリバティブと言うのは、取引を行う上で、相場変動によるリスクを回避するために作られた金融商品の総称であり、FXはそのうちの1つになるのです。
また、デリバティブ商品には、差金決済でもあるレバレッジ効果と言うものもあります。
これは先ほど説明を行ったレバレッジの事を意味しており、少ない証拠金で大きな取引を可能にすると言う特徴があるのです。

尚、この取引を行う場合には取引業者を選んで行う事になります。
また、この取引業者は、金融商品取引法に基づいて登録を受けた業者であることが重要であり、無登録で行う事は法律上違反と言う形になるのです。

Comments are closed.