自分の財産の守り方と保護する法律

自分の財産は自分で守らなければならないというのは、考えてみれば当たり前のことなのですが、保護するための法律も定められていますから、これについて知っておく必要はあるでしょう。
預貯金で資産を保有する場合には、普通預金の形をとっていれば、一定の金額までは法律によって守られています。

 

例えば、銀行の普通預金として預けていた場合、1,000万円とその利息については法律によって守られることになるのです。ですから、多くの資産を保有している人にとっては、いくつかの銀行に分散して保有すると言うことも必要なこととなってくるでしょう。
株式や債券などの証券を保有している場合には、それが守られるかどうかは所有の方法によって異なります。証券会社や銀行などを通じて保有する場合には、資産は分別管理されることが多いですから、例えば預けている株式がいつの間にかなくなっていると言うこともありませんし、銀行が倒産したことによって保有している資産がなくなってしまうと言うことも考えにくいでしょう。

 

分別管理がきちんとなされているのであれば、安全性は非常に高くなると考えられます。中には分別管理を行わないファンドもありますから注意は必要です。